www.mckelveyfordelegate.com

予想外にいきなり出あってしまうのが自動車事故です。その場面で何をどうやって対処したことによって、自動車の保険金の支払いもかなり変わるケースもあるので正しい考え方と対応が大切です。考えていない状況で慌ててしまうと状況を逃してしまい己がかなり大きな損を負わされる時も考えられるので事故に遭遇してしまった場合は正確に以下の対処をしましょう。車の事故を起こした場合に最も初めにしなければいけないのが怪我をした人がいるかどうかの確認です。乗用車の事故の後すぐは頭が混乱して何も出来ない状態になってしまう場面がありすぐには動くことができないのが一般的です。その場合、負傷者がいたら安全な場所に運んでから応急処置をし救急車を呼ぶなどを行い要救助者最優先に努めましょう。救急車に連絡する場合は明確な事故の場所を伝え不明な場所では有名なお店や場所名を伝えて位置が判断できるようにします。その後で警察へ知らせて車の事故を起こしてしまった事、そして簡単な状況を連絡します。救急車と警察の到着を待っている内に事故相手の事を確認します。姓名、住んでいるところ、TEL番ナンバープレート、事故の相手の方の自動車保険の会社名などお互いの内容を言います。この時に事故の相手方に原因があった時には、事故現場で解決しようとするケースが考えれますがすぐにうやむやにするのではなく、どのような時だとしても警察署や自動車の保険会社届け、ちゃんとジャッジしてもらうようにしましょう。お互いの内容を伝えたら車のじゃまにならないように障害物を道の上から取り去ります。もし障害となった物が他の障害になっている時には、各々の情報を交換するより早くその対応を完了させても問題はないです。この後に自分が保険屋さんに連絡を入れて自動車の事故を起こしてしまった事を告げます。自動車の事故から一定の期間の間に保険会社に連絡を入れないと車の保険の適用外にケースも想定されるので時間が出来たら早く電話を入れることが大事です。また交通事故の証拠になるようにコンパクトカメラや携帯等を使って事故現場やマイカーの破損の写真を撮影しておきます。それは過失のパーセンテージ決める際に手がかりとなりますので、自分自身の乗用車や相手方の車の故障個所を正確に証拠として残しておいてください。その状況で他の人がいたならば警官や保険会社が到着するまでその場にそのまま待機してもらえるように求めることも大事です。
Copyright © 1999 www.mckelveyfordelegate.com All Rights Reserved.