www.mckelveyfordelegate.com

考えもせずに思いがけず起こるのが自動車の事故です。その場面でどう作業するかによって自動車の保険金の額もかなり異なる場面も想定されますので正しい判断力と行動が大事です。予想外のケースでパニックになってしまったら必要不可欠な事を忘れてしまい、それから自身がかなり大きな損を被る場合も想像できるので事故に遭遇してしまった場合は正確に以下に述べる作業を行いましょう。自動車の事故を起こした場面で最も初めにする必要があるのは負傷した人の状況の確認です。後すぐは頭が混乱してぼうぜん自失となってしまうケースがありなかなか動けないのが一般的です。ですから、負傷者がいたならば安全が確認された場所に移動して応急な手当を行い、119番通報する等して人命救助第一に努めることが大事です。119番に連絡する時は明確な事故があった場所を連絡して、分かりにくい場合には辺りの有名な学校や交差点を伝えて事故現場の住所が判断できるようにします。その後110番へ電話して、自動車の事故が発生したことまた現状を知らせます。救急車とパトカーを待つ内に怪我人の身元を聞きます。名前、住んでいるところ、免許証、事故の相手の自動車保険会社名等互いの身元を教えます。その場面で事故の相手に過失があった場合には即刻解決しようとすることがありますがその場でやり取りするのではなく、どのような状態だとしても警察や保険屋さんに知らせて、正しく調査してもらいます。互いの情報を言ったら他の車の妨害になるのを避けるために障害となる物を道路の上から排除します。もし障害物が通りかかった人の自動車の邪魔になっている場合には情報の交換をするよりもその対応を行っても問題はないはずです。この後に自分がお金を払っている保険会社に連絡を入れ、交通事故が起こった事を告げます。自動車の事故から一定の時間内で保険会社に報告していないと交通事故の保険の適用除外となる場合もありえますので可能な限り素早く行うことが必要不可欠です。可能ならば事故の手がかりとして、手持ちのカメラやタブレットなどで事故や事故車の壊れた箇所を見ることができる写真を撮っておきます。それは過失割合を決定する重要な糸口とできますので自らの自動車や相手方の車の破損箇所をきっちりと手がかりとして残しておいてください。この状況で第三者がいるのであれば警察や保険屋さんの人が辿り着くまでその場所に待っていてもらえるように依頼するのも忘れないようにしてください。
Copyright © 1999 www.mckelveyfordelegate.com All Rights Reserved.