www.mckelveyfordelegate.com

自動車の『全損』とはその名称が示すように車の全機能が故障してしまうこと、言い換えれば走れないように移動手段の車として任務を果たせなくなった際に用いられますが自動車の保険での「全損」は多少違った意味合いが込められていたりします。自動車保険における車が破壊された場合では〈全損と分損〉などと仕分けされ、《分損》は修理費が保険内でおさまる状態を指し、反対に「全損」とは修理費が保険額を超える状況を表します。車の修理で《全損》というと車の心臓、エンジンに重大な破損があったり骨格が歪んでいたりして修繕が不可能な時、リユースか廃車となるのが一般的です。けれど、乗用車の事故でお店や自動車の保険会社がこの修復費を見積もりした状況で、いくら見た感じが問題なく元に戻すことが可能である場面でも修復費が保険金よりも大きくては何のために乗用車の保険加盟しているのか分からなくなってしまいます。こういった場面では、(全損)と結論付けて自家用車の所有権を保険屋さんに渡して保険金を支払ってもらう事になっています。当たり前の事ながらそれなりの期間乗り続けた愛車で思い入れがあり自分で修復して所持したいと考えるドライバーは多く存在するので場面によって自動車の保険屋さんと話し合うといいでしょう。また、自動車任意保険にはそういった場面が考慮されて車両全損時諸費用補償特約等全損の時のための特約ついている場面が多々あり、不幸にも自分の車が《全損》なっても購入の経費を多少なりとももってくれる場合も存在します。更に盗まれた際の補償の特約をつけてると被害にあった愛車が見つからない状態でも《全損》と扱われ、保険金が支払われることになっているようです。
Copyright © 1999 www.mckelveyfordelegate.com All Rights Reserved.